埼玉県越谷市は、埼玉県の南東部に位置します。千葉県の県境近くに位置しており、人口は約33万人です。越谷の名前の由来となっている「大宮台地の麓にある低地」という立地でその名の通り、越谷市には山林や原野がほとんどありません。2003年に特例市として機能しています。中核市としての要件を満たしていますが、行政改革が中途となっていることや財政負担の問題が大きく、デメリット先行であるとの判断で中核市としての移行は見送られたままです。中核市移行のため協議は続行中です。また、国民健康保険発祥の地としても知られています。

越谷市は南北に東武伊勢崎線が縦断し、東西にはJR武蔵野線が横断しています。交通アクセスもよく、東武線に乗ると乗り換えなしで東京都内へ入ることができる便利さがあります。越谷には巨大な人工池が存在しており、この周りの土地を利用した超大型商業施設が存在することでも知られています。国内最大級のショッピングモールと言われており、近隣から多くの方が訪れる場所としても有名です。

越谷市の木はケヤキ、市の花はキク、市の鳥は国の天然記念物に制定されたシラコバトです。越谷市の特別住民として、「こしがや鴨ネギ鍋」マスコットキャラクターのガーヤちゃんがいます。ガーヤちゃんは、ゆるキャラグランプリ2012では全国800余エントリーの中の287位と大健闘しました。伝統工芸としては、だるまや手焼きせんべいが有名で、昔ながらの製法が今でも守られています。